ゆたんぽ

41fKhP+255L__AA160_.jpg

今年もゆたんぽを導入しました。
寝るちょっと前にゆたんぽを入れて、布団をあったかくするのが好きです。
布団に入ると、足元にねこがいるような、そんな感じでほっこり。



ねこの名前はアラスカ。
アビシニアンである。

アラスカのおかげでふかふかと眠っていると、耳元で何かごにょごにょ音がする。
もう起きる時間だったんだ。
毎朝こんなふうにアラスカが目覚まし時計代わり。ねこ時計である。
早くごはんちょうだい、と言って私を起こすのだ。

仕事帰り。
玄関の鍵をあけようとすると、軽やかな足音が聞こえる。
アラスカが二足歩行でお出迎え。
私のマフラーを手際よく受け取ってくれる。社長秘書のようだ。

ブラックジャックがピノコを訓練して、歩行を可能にしたように、
私もアラスカを二足歩行できるようにしていた。
最大の敵は猫背だったが、克服に時間はかからなかった。

そして、両手が自由になったアラスカは、こよりをよる手伝いをしてくれる。
肉球がじゃまして、出来るこよりはぼろぼろだ。
それでも私はうれしい。
そして私が疲れると、アラスカは肩をもんでくれる。
こんどは肉球がちょうどいい。

そんなある日、私がパソコンを起動すると、
見慣れないタイトルを「お気に入り」に見つけた。


「アラスカ冒険記」
~こより作家のねこのあらすかのぶろぐ~


私ははっとして寝ているアラスカを見た。


続く




と、妄想しているころにはぐっすり眠れる冬のイチオシ☆アイテムです。
ゆたんぽ生活のすすめでした。



コメント

非公開コメント

シュールwww

まさみさん

妄想のねこ、略して「もそねこ」 と わたしは呼んでいる。。

猫飼ってるの!♡
と思いました…

うえだまさおみさん

コメントありがとうございます。
わーい!

うえださんは、こたつで妄想できますね。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。